児童養護施設こどものうち八栄寮 沿革
1946年
(昭和21)
6月 同胞援護婦人連盟結成
(都下20婦人団体結集)

上野寮玄関前
昭和30年
  9月 「上野寮」(子どもの養護施設)開設
(台東区御徒町3-26)
  9月 12日第一次満州集団引揚孤児60名引き取り、
25日33名受け入れ到着
  10月 引揚者ホーム「一泊寮」(無料宿泊所)竣工、
事業開始

富里の西瓜収穫
昭和30年
  12月 第二次引揚孤児23名到着、
興望館・育成園・愛隣館へ委託収容
1948年
(昭和23)
4月 「こどものうち七栄寮」
(千葉県印旛郡富里村大字七栄)開設
1952年
(昭和27)
4月 社会福祉法人に組織変更
当時中学1年生男子の日記
昭和30年
1955年
(昭和30)
8月 定員上野寮10名、七栄寮30名
1960年頃 上野寮に立ち退き問題、七栄寮に新東京国際空港用地収用問題発生
1965年
(昭和40)
3月 上野寮を現在地(八王子市館町2232-1)に移転
  8月 七栄寮を閉鎖し「こどものうち八栄寮」を開設、
定員40名

八栄寮グランド
昭和40年
1973年
(昭和48)
6月 幼児棟増設新館落成、定員50名
1988年(昭和63)4月〜1994年(平成6)3月 グループホーム「上野町寮」
(八王子市上野町13)実施
1990年(平成2)1月〜2008年(平成20)3月 グループホーム「虹の家」
(八王子市千人町3-17-4)実施

みんなでグランド造り
昭和41年
1991年
(平成3)
6月 建物全面改築し、小舎制養護形態での実践開始
2001年
(平成13)
2月 八王子市より子ども家庭サービス事業を受託
(定員6名)
2008年
(平成20)
3月 地域小規模児童養護施設「虹の家」「宇宙の家」開設
写真は社会福祉法人同胞援護婦人連盟50年記念誌「こどものうち」より転載